​連絡先

一般社団法人 地域政策デザインオフィス

〒135-0032 東京都江東区福住2-8-10-310

    四ツ谷分室(iTEXビル1F)

    アクセスはこちら

    © 2017 by Local Policy Design Office

    December 4, 2019

    これまで、定年退職したら地域に飛び出して、仕事で培ったスキルを生かそうと呼びかけてきました。地方議員、大学進学、空き家再生、エネルギー起業、ソーラーシェアリングと、いずれも仕事のスキルを生かせて、地域の役に立つものでした。

    しかし、そのように言われても、いきなり飛び出すのは勇気がいるもの。心の準備が不足していると、ちゅうちょする気持ちも理解できます。地域に飛び出したいけれど、もう少し気軽な最初の一歩はないものでしょうか。

    そんな方にお勧めするのは、読書と大学の公開講座です。本を読むくらいならば、通勤電車の車中でもできます。大学の公開講座...

    November 24, 2019

    定年退職したら、実家や近所の畑で野菜作りでもしようかと考えている人も多いでしょう。そういえば、田舎の畑、荒れてしまったなぁ。そんなことを思いながら、通勤電車でこの記事を読んでいる方もいるのではないでしょうか。

    田んぼや畑という農地を維持し、荒れ果てた耕作放棄地を再生することは、そのまま地域の活性化につながります。農地が荒れてしまうと、景観を損なうだけでなく、害虫などの巣になって、周囲の農地に悪影響を与えるからです。きちんと維持していれば、そこから生まれる産物が誰かの喜びに直結します。

    しかし、地方で会社勤めをしながら農業していた人ならい...

    November 14, 2019

    定年退職した方が最も有しているスキルは、ビジネススキルです。退職で会社とおさらばするのは仕方ありませんが、培ったスキルとまでおさらばするのは、もったいない。営業、技術、企画、総務、経理など、会社で何十年にもわたってスキルを磨いてきたわけです。

    一方、地域では、ビジネススキルの不足に悩まされています。これまで地域の課題はビジネスと別分野の課題と考えられ、行政が解決を試みてきました。ところが、実際に解決しようとすれば、一人一人、地域ごとの対応を迫られ一律的な行政では難しい点も多いのです。そこで、NPO(特定非営利活動法人)などの民間が解決...

    November 4, 2019

    最近、ご自宅の周りを見渡して、空き家が増えてきたように思いませんか。あるいは、田舎の実家や親戚の家が、空き家になっているという方も多いのではないでしょうか。

    実際、空き家は急増しています。総務省によると、2018年10月の時点で、全国の846万戸(住宅総数の13・6%)が空き家になっています。人口減少で、世帯数も減少する中、新築住宅の戸数は維持されているため、今後もその分だけ空き家が増えると考えられています。

    ですので、身近に空き家があるならば、それをあなたの手で再生してみませんか。たとえ身近になくても、自治体の空き家バンクで探すことも...

    October 15, 2019

    人生100年時代。会社を定年退職しても、昔の退職者に比べれば、知力も体力もまだまだイケる。会社という活躍の場を去り、隠居するにはまだまだ早い。

    そんなアナタは、定年退職したら地域に飛び出そう。アナタの知力・体力、そしてチャレンジ精神を地域が必要としているのです。一度きりの人生、世のため人のために、力を尽くしてみませんか?

    今年の4月、全国の市町村に衝撃が走りました。なんと、全国375の町村議会選挙のうち、約4分の1に当たる93議会で、無投票になってしまったのです。しかも、8議会は定数割れ。立候補者が議員定数に満たなかったのです。

    かつて、...

    September 26, 2017

    日本の都市でしばしば見かける、特徴的なまちづくりを紹介します。全国の自治体が国と歩調を合わせ、長年にわたって徐々につくり込んできました。日本の自治体には、都市政策がないと批判されることもありますが、そのようなことは決してありません。これらのまちづくりは、自治体の都市政策の集大成です。なお、写真は複数都市で撮影したイメージで、特定の都市について紹介しているわけではありません。

    賑わいのまちづくり

    お客が少なくなって寂れかけた街中の商店街は、自動車の抜け道とすることで、走行音による賑わいを演出しています。自動車は、街中を通過するだけですので...