December 4, 2019

これまで、定年退職したら地域に飛び出して、仕事で培ったスキルを生かそうと呼びかけてきました。地方議員、大学進学、空き家再生、エネルギー起業、ソーラーシェアリングと、いずれも仕事のスキルを生かせて、地域の役に立つものでした。

しかし、そのように言われても、いきなり飛び出すのは勇気がいるもの。心の準備が不足していると、ちゅうちょする気持ちも理解できます。地域に飛び出したいけれど、もう少し気軽な最初の一歩はないものでしょうか。

そんな方にお勧めするのは、読書と大学の公開講座です。本を読むくらいならば、通勤電車の車中でもできます。大学の公開講座...

November 24, 2019

定年退職したら、実家や近所の畑で野菜作りでもしようかと考えている人も多いでしょう。そういえば、田舎の畑、荒れてしまったなぁ。そんなことを思いながら、通勤電車でこの記事を読んでいる方もいるのではないでしょうか。

田んぼや畑という農地を維持し、荒れ果てた耕作放棄地を再生することは、そのまま地域の活性化につながります。農地が荒れてしまうと、景観を損なうだけでなく、害虫などの巣になって、周囲の農地に悪影響を与えるからです。きちんと維持していれば、そこから生まれる産物が誰かの喜びに直結します。

しかし、地方で会社勤めをしながら農業していた人ならい...

November 14, 2019

定年退職した方が最も有しているスキルは、ビジネススキルです。退職で会社とおさらばするのは仕方ありませんが、培ったスキルとまでおさらばするのは、もったいない。営業、技術、企画、総務、経理など、会社で何十年にもわたってスキルを磨いてきたわけです。

一方、地域では、ビジネススキルの不足に悩まされています。これまで地域の課題はビジネスと別分野の課題と考えられ、行政が解決を試みてきました。ところが、実際に解決しようとすれば、一人一人、地域ごとの対応を迫られ一律的な行政では難しい点も多いのです。そこで、NPO(特定非営利活動法人)などの民間が解決...

November 4, 2019

最近、ご自宅の周りを見渡して、空き家が増えてきたように思いませんか。あるいは、田舎の実家や親戚の家が、空き家になっているという方も多いのではないでしょうか。

実際、空き家は急増しています。総務省によると、2018年10月の時点で、全国の846万戸(住宅総数の13・6%)が空き家になっています。人口減少で、世帯数も減少する中、新築住宅の戸数は維持されているため、今後もその分だけ空き家が増えると考えられています。

ですので、身近に空き家があるならば、それをあなたの手で再生してみませんか。たとえ身近になくても、自治体の空き家バンクで探すことも...

October 24, 2019

先日、ある新聞に「私も大学に行き勉強したかった」という、40代女性の相談が掲載されていました(「朝日新聞be」19年7月13日付)。子どもが大学に入ったことで、自分も行きたくなって悩んでいるとのこと。中高年になって「大学や大学院に行ってみようかな」と、同じような思いを持つ人もいるでしょう。

そんな人には「ぜひ行きましょう!」と、進学を強くお勧めします。新聞では、歌手の美輪明宏さんが「子どもの進学こそが勲章で、相談者は大学でなく文化サークルで友人をつくればいい」と回答しました。美輪さんのファンではありますが、これについては全く違う意見で...

October 15, 2019

人生100年時代。会社を定年退職しても、昔の退職者に比べれば、知力も体力もまだまだイケる。会社という活躍の場を去り、隠居するにはまだまだ早い。

そんなアナタは、定年退職したら地域に飛び出そう。アナタの知力・体力、そしてチャレンジ精神を地域が必要としているのです。一度きりの人生、世のため人のために、力を尽くしてみませんか?

今年の4月、全国の市町村に衝撃が走りました。なんと、全国375の町村議会選挙のうち、約4分の1に当たる93議会で、無投票になってしまったのです。しかも、8議会は定数割れ。立候補者が議員定数に満たなかったのです。

かつて、...

October 31, 2018

デンバーの挑戦は、モータリゼーション社会にも及んでいます。アメリカでの脱モータリゼーションのまちづくりは、オレゴン州ポートランドがよく知られています。ポートランドは、高速道路建設を断念したことをきっかけに、都市の膨張を抑制する政策を立て、公共交通を充実させてきました。これに対し、デンバーは、いったん都市の膨張とモータリゼーションの普及が進んだ後に、脱モータリゼーションへ転換しようとしています。

その中核は、公共交通事業を担うデンバー地域交通局(Regional Transportation District: RTD)です。デンバーは...

October 24, 2018

デンバーでは、職住分離から職住同所へと、都市計画の考え方を変えつつあります。モータリゼーションの発展したデンバーでは、郊外の住宅地から中心部のオフィス街へ車で通勤するのが当たり前の都市で、行政もそうした都市計画を進めてきました。しかし、近年は、中心部で積極的に集合住宅を整備しています【写真1】。

職住同所による街中居住は、住む人の利便性だけでなく、街の賑わいも高めます。モータリゼーションの盛んな地域で、職住分離が進むと、街中の商業施設や集客施設は、夜間と休日に閑散となります。これら施設は、平日と休日等で集客が異なるため、稼働率(採算性...

October 14, 2018

2018年8月、3週間の日程でアメリカ各地を訪ね、エネルギーやイノベーションに関係する機関や専門家からヒアリングして回りました。訪問したのは、ワシントンDC、ボストン、デンバー、サンフランシスコです。アメリカ国務省の International Visitor Leadership Program (IVLP) の一環です。国務省及び関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。

持続可能な地域づくりの観点では、コロラド州デンバーの取組みに関心を持ちました。デンバーは、市の人口約60万人、都市圏人口250万人の大都市です。都市圏で見ると、名...

August 18, 2018

改めて、公共施設のエネルギー性能を向上させることについて、光熱費を削減する5つの効果を整理しましょう。

効果1:公共施設を利用する人々の知的生産性・学習効率の向上

効果2:公共施設の長寿命化

効果3:設備更新費用の抑制

効果4:地域の建築事業者の技術力向上

効果5:地域住民への高断熱・高気密建物のショーケース

これらに加えて「効果6:光熱費の削減」が期待できるのです。

したがって、公共施設のエネルギー性能の向上を考える行政職員は、これら6つの効果を分かりやすく整理し、首長や幹部、関係部局に理解してもらう必要があります。これまで自治体でエネルギー政...

Please reload

特集記事

ここが凄い!ニッポンのまちづくり

September 26, 2017

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ